MENU

白髪を染めると若返る?

白髪のビフォーアフター

ここでは女性が白髪を染めると若返るのかどうかについて、お話していきたいと思います。

 

あるアンケート調査によれば回答した女性の半数以上が白髪について、何らかの悩みを持っているとのことです。

 

その悩みの多くは見た目年齢にあると言われています。

 

例えば同じ年齢の女性が2人並んでいた場合、白髪の多い人とそうでない人とでは、実年齢が5歳も違って見えてしまうというデータもあります。

 

白髪を気にする女性

そして多くの女性が平均すると30代後半から白髪が出始め、あまりにも白が目立つ場合は、白髪染めを使って白髪を染めるようになるとも言われています。

 

そこでそうして白髪を染めることによって、本当に白髪のない人と並んでも老けてみられることがなくなり、気分的に若返ることが出来ます。

 

つまり逆に見た目年齢を少なくとも5歳は若返らせることが出来るというわけです。

 

白髪は全ての頭髪の約10%に達しますと、所謂「白髪が目立つ」という状態になるとも言われています。

 

実際にもかなり目立ってしまうため、老けた印象を与えやすくなります。

 

例えば鏡の前に立った時に白髪がパッと目に入る程目立っているようであれば、迷いなく白髪染めを使いたくなる人は多いと思います。

 

しかし先程もお話したように白髪の生え始める年齢は、健常な健康人であれば早くても平均して30代後半です。

 

白髪

生え始めた当初は抜けば全く目立たないか、よく見ないとわからない程度の本数ですが、伸びてくると気になるという場合もあります。

 

いわゆる若白髪というものです。

 

このケースでは白髪染めよりはカラーリングをした方がいいでしょう。

 

それはメラニン色素を持つ黒い髪ならば、少し脱色をしてカラーリングをすれば目標とする色に染めることが出来るからです。

 

しかしもっとメラニン色素が減ってしまったり、なくなったりしてしまった白髪の場合ですと、もうカラーリングでは色がつきにくくなるので、そうなった場合は白髪染めに移行する必要があります。

 

またある程度の年齢になりますと、同窓会や冠婚葬祭等の改まったイベントに出席する機会も増えていきます。

 

その日だけ白髪を染めておきたいという場合は、脱色剤入りの白髪染め程強力でないトリートメントタイプのものか、それほど白髪の多くない人ならば、ひと塗りで済ませられるような白髪染めを使うと良いでしょう。