MENU

白髪染めに使われている注意したほうがいい成分

最近では、多くの方が自宅で白髪染めを行うようになりました。

 

そこで気をつけたいのが白髪目の商品選びです。

 

その時に大切なが、体に有害な成分が配合されていないものを選ぶことです。

 

また同時に、できるだけ安全性の確かなものを選ぶことも大切です。

 

ここでは、そのような観点から白髪染め選びのポイントと注意した方がよい成分をお示しします。

白髪染め十

 

白髪染めを安全に選ぶポイント

髪が絡まる女性

白髪染めを選ぶ際には、次のようなことを注意しておきましょう。

 

危険な成分

市販の白髪染めには、アレルギー体質の元となる物質や肌荒れや炎症を起こしやすい成分が含まれていることがあります。

 

中には、発がん性がある物質などもあるので、商品表示をよく読んで配合成分をチェックしておきましょう。

 

強い成分

危険性がないとしても、強い効果がある成分があります。

 

それらの成分は、髪や頭皮に刺激の強いことがありあます。

 

また、白髪に色が入りにくくなる成分や、抜け毛や薄毛の原因になることもある成分もあります。

 

そのため、できるだけ髪や頭皮に刺激の少ない白髪染めがよいでしょう。

 

例えば、植物由来成分配合、自然派商品、天然成分配合であることが目安です。

 

肌に合わない

危険な成分は含まれておらず、良い材料からできている商品でも自分の肌に合わないものがあります。

 

そのためまずは自分の肌や髪に合う商品であることを確かめるために、事前にパッチテストなどをしておきましょう。

 

注意したい成分

説明する女性

それでは具体的に、どのような成分に注意すればよいかというと、一つはパラベンがあります。

 

パラベンは、防腐剤として添加されています。認可されている成分ではあるものの、一度体内に取り込まれると、排出されずどんどん蓄積されていきます。

 

そしてアレルギー症状やシミやシワの原因にもなると考えられるので、できるだけ控えたい成分です。

 

ヘアカラーなどの使用によって頭皮から吸収されて内臓に蓄積されると健康被害も心配されます。

 

もう一つは、ジアミンです。

 

白髪染めではパラフェニレンジアミンと表記され、濃い色を作るカラー剤なのでカラーリングには大切な染料です。

 

しかしジアミンは、アレルギーを起こす危険性があることでも知られています。

 

健康面への心配な成分というわけではありませんが、シリコンには髪の表面をコーティングして、白髪染めの染料が浸透しにくくなる働きがあります。

 

そのためあまりシリコンの含有量が多いシャンプーを使うと白髪の染まりが悪くなることがあります。