MENU

自宅で白髪染め vs 美容院で白髪染めのメリット・デメリット

自宅でする白髪染めのメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

 

白髪染めしている頭

 

自宅染めのメリット

コストがかからない

喜ぶ女性

1つ目はコストがかからないということです。

 

今は市販でも多くの白髪染めが販売されていますが、平均しますと1ヶ月約2000円から5000円位の費用で済むからです。

 

もし美容院で染めてもらうとなりますと、6000円〜12000円程かかると言われていますので、自宅でキレイに染められれば、美容院でかかる費用の半額か3分の1しかかからないわけです。

 

無添加の利尻カラーシャンプーのような通販限定の商品でも、定期コースで申し込めば大体この範囲の価格で購入出来ますので、商品によっては脱色せずにキレイに染められて、しかも低価格で済ませることが出来るということです。

 

手間が省ける

2つ目は手間が省けるということです。

 

自宅で染められれば美容院に行くまでの時間や待ち時間の節約が出来ます。

 

予約していても、きっちりその時間に始めてもらえない場合もあることと、美容院での白髪染めは2時間程かかると言われていますが、自宅で行えば、かかってもほぼ1時間以内で済ませることが出来るからです。

 

いつ染めてもいい

シャンプーする女性

3つ目は2つ目のこととも多少関連しますが、好きな時に染められるということです。

 

美容院で染めてもらう場合は時間もお金もかかりますし、決まった時間にしか染めにいけませんが、自宅であれば忙しい合間でも時間を見付て、さっさと済ませることが出来ます。

 

ひと塗りで済むようなヘアマニキュア等であれば、時間はもっと節約出来るでしょう。

 

定期的に美容院に行っている人でも、次に行けるまでの間に自宅で部分染めをする人もいますから、それならば全て自宅で自分で染めた方が効率的であると言えそうです。

 

実際に自宅での白髪染めはトリートメントタイプのもので行えば、30分程で済むそうですので、美容院で染めるのにかかる平均2時間と比較しますと、少なくとも1時間半の時間が節約出来るということになります。

 

待ち時間の有効利用

4つ目は美容院では終わるまでただ待っているしかありませんが、自宅でなら好きな音楽を聴いたりDVDを観たり、入浴したりしながら待っていることが出来ますので、退屈せずに、しかも用事によって済ませることが出来ますので、生活のリズムを崩さずに済むのです。

 

自宅染めのデメリット

染めむら

1つ目は白髪染めに慣れない内は、染めムラが出来てしまうということです。

 

但しこれは指示通りに行って、しかも慣れてくれば解消される場合もあります。

 

汚す可能性がある

白髪染め

目は自宅で染めていますと染料をうっかり床に飛び散らせてしまう場合があり、しかも染料によっては落ちにくいものもありますので、それが嫌で自宅で染められない人も少なくないそうです。

 

それでも自宅で染めている人は、室内では新聞紙を広めに敷いておいたり、浴室で染料が飛び散ってしまった場合は、すぐに洗い流すように気を付ける等の対処法を心がけている内に、段々慣れていくとのことですので、工夫次第ではデメリットではなくなるようです。

 

色落ち

3つ目はヘアマニキュアで染める場合、刺激の強い成分が入っておらず脱色せずに染められるので、髪に負担をかけない点は良いのですが、一般的な脱色する白髪染めよりは色が落ちやすく、黒髪に対しては効果を発揮しない点は、デメリットであるとも言えそうです。

美容院でする白髪染めのメリットとデメリットについて、お話していきたいと思います。

 

美容院での白髪染めのメリット

プロの手で染めてもらえる

白髪頭

まずメリットの1つ目は美容院のスタッフはプロの技術者ですので、プロの手で完璧に染めてもらえるということです。

 

勿論技術力に個人差はあると思いますが、ベテランのスタッフならば家庭で行う白髪染めで素人がうっかり染め残してしまうような部分も、完璧に染めてくれる筈ですから、何処に出掛けても恥ずかしくない染めあがりになると思います。

 

自分で染めようとしますと、前方はちゃんと出来ても後ろ髪を染めるのは難しいので、プロに任せた方が安心です。

 

自力でもコツを掴めば或いは出来るようになるかもしれませんが、必ず毎回上手く出来るという保証はありませんので、そういう意味でも大きなメリットと言えます。

 

人に任せるから楽

美容院

2つ目のメリットは、1つ目のこととも関連しますが非常に楽であるということです。

 

白髪染めをスタッフに任せてしまえば、後は寝るのもお喋りするのも自由ですし、ベテランのスタッフであれば難しい注文をしても上手に染めてもらえます。

 

ワンポイントで違う色を入れたりすることは個人では難易度が高すぎますので、やはりプロにやってもらう方が確実ということになります。

 

コミュニケーションが楽しめる

美容院

3つ目のメリットも前の2つと関連しますが、スタッフとのお喋りが楽しめるということです。

 

お喋りをすれば、それだけでも普段のストレスの解消になります。

 

自宅で自分で染めながらDVDを観たり音楽を聴いたり、友人や家族とお喋りをしながら染めるということも想定は出来ますが、染めるプロではありませんし、慣れないことをする時には集中出来ない場合もあり、上手に染められない可能性があります。

 

そう考えると何も心配しないで、美容院のスタッフに染めてもらう方が、ストレス解消と確実な染め上がりという、一石二鳥のメリットを得ることが出来るので遥かにお得です。

 

美容院での白髪染めのデメリット

料金

財布を気にする女性

1つ目は料金についてです。白髪染めはプロのスタッフでも高度な技術を要することですので、料金はどうしても高くなってしまいます。

 

何かのイベントに備えて染めるだけならば1度で済みますが、定期的に行っている場合は、2ヶ月に1度位の間隔で行う必要がありますので、年間にすると万単位の出費になってしまうからです。

 

経済的に余裕のある人ならば問題はないと思いますが、そうでない人は美容院に通う回数を減らすか、自力でも上手く出来るようにした方が良いかもしれません。

 

予約が必要

2つ目は白髪染めに限ったことではありませんが、大きなお店や人気のあるお店ですと予約をとっておく必要があり、希望の日に染めてもらえない場合があるということです。

 

時間がかかる

3つ目は、美容院で染めてもらう場合は時間がかかるということです。美容院で本格的に染めてもらいますと、平均2時間はかかってしまうと言われていますので、忙しい人や昼間仕事等で忙しい人が時間を作るのは至難の業です。

 

ですので、やっと時間ができて予約がとれたとしても、それまでに白髪が増えている可能性もあります。

 

染料

白髪染め中

最後の4つ目は染料の問題です。

 

美容院によっては髪を染める際に、自然素材の染料を使わない場合もあるからです。

 

一般的は1剤と2剤とを混ぜる方式の、化学染料の入ったものを使う美容院が多いそうですから、自然素材100%の染料で染めてくれる美容院が、職場や自宅の近くにない場合は、更に時間やお金をかけて通わなくてはならないので、それだけでも大きなデメリットとなります。