MENU

白髪の予防改善に良い食べ物

白髪が増える原因の一つは、メラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞の働きが鈍るためです。

 

メラノサイトがメラニンを作り出すのに欠かせない、チロシナーゼという酵素の働きを活性化する栄養素の補給が不可欠となります。

 

白髪頭

そこで必要な3種の代表的な栄養素を含む食品と、特定の働きをもつ食品について順番に御紹介していきたいと思います。

 

ヨード

海藻

まず1つ目の栄養素は、メラノサイトを活性化させる働きのあるヨードです。

 

ヨードは細胞の成長や代謝を促進する作用があり、髪の毛を健康な状態に保ってくれます。

 

海藻類のヒジキ・ワカメ・海苔、魚介類のイワシ・サバ・カツオ・ブリ等に多く含まれています。

 

チロシン

牛乳

2つ目の栄養素はチロシンです。

 

チロシンはメラニン色素の原料の1つであり、抗ストレス作用もあります。

 

元々チーズから発見された栄養素なので、特に乳製品に多く含まれています。

 

その乳製品では脱脂粉乳・ナチュラルチーズ・プロセスチーズ等のチーズ類、果物ではバナナ・アボカド・リンゴ、魚介類ではカツオ・マグロ・タラコ・ちりめんじゃこ・ヒラメ・うるめいわし等、大豆・ナッツ類ではアーモンド・大豆・落花生・豆腐等に含まれています。

 

納豆

3つ目の栄養素は銅です。

 

銅はチロシナーゼの働きを活発にさせるミネラルですが、体内で作ることが出来ませんので、食事を通して外部から取り入れるよう心がけることが大切です。

 

チロシンを含む食品と合わせて食べると効果的です。

 

豆類の大豆・納豆・カシューナッツ等、野菜類のゴボウ・ニンニク・パセリ・モロヘイヤ・カンピョウ等、穀物類ではソバ・サツマイモ・玄米等、魚介類ではホタルイカ・エビ・カニ等、果実類ではアンズ・プルーン等に含まれています。

 

 

最後は身体を温めて血流をよくしてくれる食品を御紹介しておきます。

 

まず調味料では味噌・しょう油・塩・和風ドレッシング、野菜類では生姜・ニンニク・玉ねぎ・山芋・長ねぎ・大根・ゴボウ・ニラ・シソ・パセリ、魚介類ではサケ・サバ・サンマ・マグロ・カツオ・エビ・イカ・牡蠣・アサリ・シジミ等と海藻類、その他牛肉・鶏肉・豚肉、梅干・漬物・納豆・チーズ等が該当します。

 

また唐辛子・明太子・キムチも該当の食べ物ですが辛味の強いものですので、食べ過ぎないよう十分注意してください。