MENU

白髪を見つけたら、染める?抜く?正しい対処法

ここでは自分に髪に白髪を見つけた時の、正しい対処法についてお話していきたいと思います。

 

白髪は1本でも見つければ気になるものですが、その際の対処法を間違えますと、白髪を増やす原因になってしまう可能性もあります。

 

白髪を見つけた際の対処法としては、染める・抜くといったことの他に切るという方法もあります。

 

抜く

白髪を抜く

まず最初は、抜くという方法についてです。白髪を抜くと増えるという説もありますが、それは実際は気のせいに過ぎず、事実ではないと言われています。

 

そもそも白髪とは髪の毛の色が白いだけで、状態としては健康な髪の毛なのです。

 

ですから無理やり抜いてしまうことは、頭皮や髪にダメージを与えるだけで何のメリットもありません。

 

白髪に限らず髪の毛を抜くことは毛根にもダメージとなり、最悪の場合、その毛穴から髪の毛が生えなくなってしまう場合もありますので、絶対に抜かないようにしてください。

 

染める

白髪を染める

次に白髪を染めることについてですが、これは白髪がある程度の量になってしまった場合は、やもう得ない対処法だと言えます。

 

とは言うものの、白髪染めでカバー出来るのは2割程度だとも言われています。

 

もしもっと白髪が多くなってから染めたとしても、もう完全にはカバー出来ないと思われます。

 

また染めることによって白髪が増えると言われるのは、脱色剤を含むタイプの白髪染めが一旦黒い髪の色も脱色してから染めるためであり、それは白髪が増えたというのとは違います。

 

但し一旦脱色した髪の毛をまた自然な黒色にするのは不可能ですから、染め続けるしかなくなるという人もいるでしょう。

 

そして中には脱色剤を含まない白髪染めもありますから、そのような白髪染めを使用した場合も白髪が増えることは勿論ありません。

 

それだけではなく、脱色剤を含む刺激の強い薬剤によって染め続けることにより、頭皮や髪の毛にダメージが蓄積してしまい、髪の毛を傷めたり薄毛や抜け毛の原因になってしまったりします。

 

ですからその種の白髪染めの使用は外出する日に限定したり、トリートメントタイプ白髪染めを使う等の対策をとる必要があります。

 

切る

白髪頭

最後の切るという方法についてですが、これは未だ白髪の本数が少ない場合には、最も有効な方法であると言われています。

 

抜いたり染めたりするよりは、ダメージが少ないからというのがその理由です。

 

切った後からまた黒い毛が生えてくる可能性もあります。

 

しかしそれはもっと白髪が増えてきてしまうと追い付かなくなり、白髪染めを使うという方法をとらざるを得なくなります。

 

また間違ったヘアケアや強いストレス、偏った食習慣等の外的要因も伴っている場合は、それらを改善しなければ根本的な解決にはならないのです。

 

ですのでまず白髪の本数の多い内は白髪をなるべく根元から切り、ある程度の量になってしまったら、トリートメントタイプの白髪染めを使って、特別に出かける日にだけ染めるという方法が、ベストなのではないかと思います。

 

抜くことは髪の毛を抜くという行為自体に大きな問題があるため、いつどんな場合でもNGとなります。

 

実際にはまだ白髪を切っていれば間に合う段階で白髪の予防対策を行い、規則正しく健康的な食生活や生活習慣を身に付け、ストレスを溜めないような生活を送ることが肝心です。

 

1度白髪が生えるようになった毛穴からは、もう黒い髪は生えてきませんので、白髪の生える前に対策を始めていた方が良いと思います。